資料集

表
 過去の記録を 系統的に整理して編さんするものを 「資料集」 といいます。 第一義は、文字どおり会社資料として活用すること、第二義は、 整理することによって ファイル収納するものと、捨てるものを明確にすることです。 最も重視するのは、資料の信頼性を格付けすることです。
 基礎年表は、1年を 1頁 とする A3横サイズが一般的です。 商品や技術ごとにまとめるものと、全史を一括して 分野別の仕分けを横軸にするものがあります。
制作期間は短縮できます