タイムカプセル

あなたの現在の姿を未来の人々に伝えませんか。
備前焼の陶匠がオーダーサイズであなたのタイムカプセルをつくります。
収納品や目録のかたち、埋設のデザインイメージをあなたと一緒に考えます。
宮後随想 先生

備前焼

備前焼が形を現したのは鎌倉時代です。 戦国時代の城や砦には保水力が高い備前大甕が備えられました。 桃山時代には 茶の湯の創始者たちに認知され、多くの名品が生まれました。 江戸時代には 能舞台の音響効果を上げるために床下に備前の甕を敷き詰めることも起こりました。
現代の作家たちは 桃山時代の作風を良しとして道を究めようとしています。 現人間国宝の伊勢崎淳、一門の隠崎隆一は備前焼界を代表する存在です。 当社が推薦するタイムカプセルは、隠崎隆一の愛弟子近藤正彦氏の作品が中心となります。 御社の貴重な資料、貴重な遺産が、人間国宝級の作品とともに数百年の眠りにつくのも趣があることではないでしょうか。

当社の企画力と技術力が
ご希望のプランをフォローします。

タイムカプセルの埋設には たくさんの難問があります。 地下水の侵入や酸化を防ぐための気密性をはじめ、温度、湿度、破損、汚損、盗掘にいたるまで、あらゆることを念頭に置いて計画します。 また、電力などの維持費用やメンテナンスなど、未来の人々に迷惑にならない配慮も必要です。 御社と当社から選任したスタッフ数人でプロジェクトを組んでの計画となります。

お問い合わせは
E-mail: nenshi@nakano-collo.co.jp
TEL 086-229-3366 年史プロジェクト